墨跡架けて夜の話
- 莫屋

この本はいかがでしたか? 感想をお寄せください。
風変りな男審神者と、主の言動に戸惑う蜻蛉切。
そんな一人と一振りと共に、本丸での日々を過ごす男士たちの掌編集。

【不羈のはがね】
客人を迎えて以降、些か審神者の様子がおかしい。
それを気にかけながらも問いだせない蜻蛉切に代わり、審神者の動向を探ろうと試みる村正だったが……

【羞花相想】
本丸の畑に向日葵が咲いた。
挿花用に咲き初めた向日葵を間に交わされる、審神者と蜻蛉切三年目の夏のお話。

「不羈のはがね」「羞花相想」の2編を収録。
読んだ   読みたい   シェアする

作品について

作品名 墨跡架けて夜の話
作家名 景衛 年齢区分
発行日 2018/11/24 発行イベント 閃華大合戦2018 東5ホール ハ09b
作品タグ 腐向け, 刀剣乱舞, 女性向け, 漫画, 刀剣乱腐, 男審神者, 蜻蛉切, さにとん, 主蜻,
紹介URL https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=71642257
通販取扱

コメント

[ログイン/新規登録]
ログイン後も匿名でコメントできます。
名前:
頂いたコメントは非公開です。