或る冬の日に
- パンドラボックス

コメントを頂けるとちょっとしたお礼SSがあります₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾
スティーブン×レオナルド/ある冬の日、レオナルドの部屋に不思議なものが現れる。それはレオナルドにしか見えないものだった。そして時を同じくして、スティーブンの家では不審な物音や気配が起きていた。
前後で天地逆のスティーブン視点とレオ視点が同時進行な両面本となっています。冬の日のちょっとした話。
読んだ   読みたい   シェアする

作品について

作品名 或る冬の日に
作家名 シュレーディンガーの箱 年齢区分
発行日 発行イベント
作品タグ 腐向け, 血界戦線,
紹介URL
通販取扱

コメント

[ログイン/新規登録]
ログイン後も匿名でコメントできます。
コメントは書籍から訪問の方のみ書き込めます。
匿名
2018/4/14 21:41
同じ話を両者の視点から読めるのがとても楽しかったです。
匿名
2018/2/10 19:48
とても心温まるお話でした。ありがとうございます。
匿名
2018/2/2 21:24
可愛くてほわっと癒されるお話でした〜!
僕にも構えよって…この後いっぱいレオくんに構ってもらえばいいと思います!!
匿名
2018/1/26 03:12
面白かったです!レオ君の視点から読みましたが反対からも読んでニコニコでした。そういうとこあるよねスティーブンさん!
匿名
2018/1/23 21:47
スティーブンさん可愛い(ノ≧▽≦)ノなんて思ちゃいました。
匿名
2018/1/23 21:27
ほっと和みました。再会できてよかったです。
匿名
2018/1/23 08:02
寒いのにホッとする暖かさが感じられている二人がとても素敵でした。
匿名
2018/1/21 20:25
お人好しのレオ君と動物に好かれるスティーブンさんにほのぼのとしました。
匿名
2018/1/18 13:11
スティーブンさんとレオくんが冬の寒い日、休日が重なって約束はしていないのに、こんな形で繋がっているのがとても可愛くて素敵でした!
続きがよみたくなりましたー!