氷室開きて
- コズイーニ・ズッキーニ

この本はいかがでしたか? 感想をお寄せください。
「宮中行事の『氷室の節会』にちなんで、加賀前田家は 氷室で保管しておいた雪を毎年水無月朔日――今の暦では 七月一日になるのですけど ―― その日、徳川将軍家へ雪を 献上していたのです」
 お教えしたかった。同じ前田家の刀。愛染や平野は知って いること。だけど、大典太さんは知らないこと。


 とある本丸で「氷室開き」を行う前田藤四郎たちを描いた 『氷室開きて、光さす。』と、翌日の「氷室の日」を迎えた 平野藤四郎の心模様を描いた『氷室開きて、風とおる。』の 二編を収録。

 ※pixivにて全文公開しております。(多少の加筆修正はあります)
 本の形で欲しい方の手に取っていただければ幸いです。
読んだ   読みたい   シェアする

作品について

作品名 氷室開きて
作家名 キウリ 年齢区分
発行日 2017/10/28 発行イベント 第6回 Text-Revolutions 委託-04
作品タグ 刀剣乱舞, 平野藤四郎, 前田藤四郎, 鶴丸国永, 大典太光世,
紹介URL https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8360405
通販取扱

コメント

[ログイン/新規登録]
ログイン後も匿名でコメントできます。
名前:
頂いたコメントは非公開です。