もう一人の男
- いくそす。

 ようこそいらっしゃいました。
 萌とホモの守護天使と聖人の加護がありますように。
閲覧数:1 評価回数:0 総合点:0
コメントを書く   アンケートに答える
真にこの方は神の子であった―――。  見よ、おとめがみごもって男の子を産む。その名は神と共に居られる子、即ちインマヌエルととなえられる。(本文より抜粋)  ローマ百人隊副隊長の槍兵は、ある日山賊に襲われ浚われる。山賊の塒で彼の傷を癒す奇跡を起こした盲目の参謀「天眼」に仕えるべく、彼は山賊の頭領から「真槍」の名をもらう。玉石混合の山賊に加入する条件は、ただ一つ。「母親が強姦されて生まれた子」であることだった。  神の子イエス、子なる神イエス、人間イエス。それらのどれとも異なる、「魔術師イエス」を、現役カトリック信者とは思えない発想で描く、もう一人の救い主の物語。 ※残酷表現有。上下巻セット売りです。
読んだ   読みたい   シェアする

作品について

作品名 もう一人の男
作家名 PAULA0125&骨林頭足人 年齢区分
発行日 2018/11/25 発行イベント 文学フリマ東京
作品タグ オリジナル, 文学フリマ, キリスト教, 厨二病,
紹介URL
通販取扱

コメント

[ログイン/新規登録]
ログイン後も匿名でコメントできます。
名前: