影の薄い便利屋と鷲の目の男
- スキモノガタリ

閲覧ありがとうございます!
このページでは『影の薄い便利屋と鷲の目の男』への感想・コメントなどを受け付けております。
お気軽にお寄せください!
影トリオの便利屋+刑事シリーズの続編です。(単体でも読めます)


【 あらすじ 】
便利屋に入社して4か月が経ったある日、黛は事務所で1枚の写真を拾う。
そこには警察学校時代の黒子と高尾と…もう1人、見知らぬ赤い髪の男が映っていた。
「コイツは……誰だ」
そんな時、便利屋に人探しの依頼が舞い込む。情報を得るために黒子が向かった先は誠凛メンバーの経営するカフェバーで――

「そろそろ話さなければと思っていたんです。ボクの過去のこと」

黒子の過去、そして黛に関する重大な真実が明かされる。


◎全年齢・CP要素無し
◎シリアス寄り
読んだ   読みたい   シェアする

作品について

作品名 影の薄い便利屋と鷲の目の男
作家名 ふでねこ 年齢区分
発行日 2017/06/18 発行イベント DCRETURNS13
作品タグ 黒子のバスケ, 影トリオ, 黒子テツヤ, 高尾和成, 黛千尋, 伊月俊,
紹介URL https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=63379957
通販取扱

コメント

[ログイン/新規登録]
ログイン後も匿名でコメントできます。
名前:
頂いたコメントは非公開です。